※頻繁な音源移動を行うと試聴の際気分が悪くなる恐れがあります。使用時は健康に十分お気をつけ下さい。身体に異常を感じたときは速やかにBien使用を中止し、休憩時間を取って下さい。
同様の現象が作品を聴く方々にも起こり得ることに留意して下さい。



初めてこのサイトを訪れた方へ
音声ファイルの立体音響化支援ツールBien、
立体音響添い寝ボイス再生ツールSoinを配布しています。
Bienのおおまかな使い方、デモについてはこちらの記事を、
Soinのおおまかな使い方、デモについてはこちらの記事をご覧ください。


サポート掲示板始めました。ご質問、ご意見はこちらで。

2011年10月09日

Bien Ver.0.91

実に11か月ぶりのマイナー更新です。サボりすぎだという話ですが。

何にも目新しい機能はありません。ご指摘いただいたバグをちょいちょいと直しました。

それから、どうもBienを楽曲の音源移動に使う人が多いようなので、少しでもサラウンド感を増した方がいいだろうということで、CH分離角度をデフォルトで30度にしました。
これが何なのか、ご存じない方が多いと思いますが、要するにステレオの左右チャンネルが別々に立体音響化されるということです。
以前はデフォルトでモノラル化されていたので、少しはサラウンド感が増すと思います。
当然処理も二倍重くなります。

マルチトラックでは、再生時に同時に立体音響化されるトラック数を最大3トラックに増やしました。
一番上のトラックから「三つ分」のトラックが立体音響化されます(「3D」ボタンがオフになっているトラックはカウントされません)
ただし、Core2以前のCPUを積む古いパソコンだと、3トラック同時に立体音響化すると恐らく高確率で暴走します!
暴走が不安な時は、再生時にはひとつのトラックのみ「3D」ボタンをオンにしてください。
また、CH分離角度を「0」にする(モノラル化)のも一つの方法です。

ちなみにうちのCore i5では、CH分離角が30度の状態で3トラック同時立体音響化すると、若干描画処理速度が落ちましたが、再生音には問題はありませんでした。

あんまりおもしろくないバージョンアップですが、久しぶりなのでリハビリ程度ということで…。
posted by Biensupport at 12:45| Comment(0) | リリース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。