※頻繁な音源移動を行うと試聴の際気分が悪くなる恐れがあります。使用時は健康に十分お気をつけ下さい。身体に異常を感じたときは速やかにBien使用を中止し、休憩時間を取って下さい。
同様の現象が作品を聴く方々にも起こり得ることに留意して下さい。



初めてこのサイトを訪れた方へ
音声ファイルの立体音響化支援ツールBien、
立体音響添い寝ボイス再生ツールSoinを配布しています。
Bienのおおまかな使い方、デモについてはこちらの記事を、
Soinのおおまかな使い方、デモについてはこちらの記事をご覧ください。


サポート掲示板始めました。ご質問、ご意見はこちらで。

2010年11月01日

Soin Beta2(バグフィックス)

バグ報告してくださる方に対し感謝の念に耐えません。
関心持っていただいてどうもありがとうございます。
最近更新が滞っていましたが、またなるべく早くご要望にお答えできるようがんばりたいと思います。

さっそくBetaバージョン2です。上のダウンロード部分からダウンロードしてください。

再生中に再生ボタンを押すと落ちるバグを修正しました。
その他気になったところをちょこちょこと修正しました。

それから動画を作っているときに思ったんですが、高度も変わっていった方が臨場感があるような気がしたので、高度も変わるようにしました。

このツール自体はこれ以上広がりようがないですかね。
添い寝アニメーションみたいなのもあった方がいいんでしょうか。寝てるときは見えない気もしますが、本当に睡眠時にこのソフトを使う人は恐らくいないような気もするし、(某スマートフォン用アプリの添い寝ソフトにはキャラ絵があるようなので)まあ添付キャラSoinneくらいはいつかビジュアライズできたらいいな、と思ったりもします。
絵心ある方どなたか描いてくれませんか…

さてほったらかしていたBienの更新ですが、Soinを作っていて色々と粗も見えてきたのでコードをちょっと整理しようと思います。皆様からのご要望の実装もがんばっていきますのでもう少しご辛抱ください。
posted by Biensupport at 05:38| Comment(5) | リリース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

Soin紹介動画



紹介動画もいちおう作っとくかという事で
posted by Biensupport at 09:08| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

Soin Beta公開

Bien公開三ヶ月記念、姉妹ソフトSoinです。
このサイトの最上段からダウンロードして下さい。
SoinBeta.jpg

このソフトは可愛いあの子があなたの隣でただひたすら寝息を立てるという、それだけのソフト。

添い寝っ子は人間と同じように睡眠サイクルを持っています。途中で目覚めたり、夢を見たり、そのつどの寝息の変化をお楽しみください。
添い寝ボイスは立体音響化されているので臨場感たっぷり、のはず。

ボイス付属。ちなみにデフォルトのボイスキャラはSoinne(そわんぬ)さん(CV:水川秋穂様)です。
また、自分でカスタムボイスを作成することもできます。
あなたの好きなあのキャラクターに添い寝してもらうことも可能。

まあ詳しい説明は必要ないでしょうが。
ご意見ご感想お待ちしてます。
またニコニコに紹介動画でも上げるかなあ…。
posted by Biensupport at 18:26| Comment(1) | リリース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

Bien Ver.0.85(マルチトラック)

半分ウソです。
マルチトラックと呼べるようなシロモノじゃありません。テスト版ですのでご使用は自己責任でお願いします。
bien085.jpg

左側に追加された白いウィンドウ、これがファイルリストウィンドウです。
同時に複数の音声ファイルを開けます。最大8つまでです。
リストに表示されているファイル名をダブルクリックすると表示が切り替わります。

かなり奇妙な挙動を示すので使われる方は以下をよくお読みください。

・再生
再生ボタンを押すと、開かれている全てのファイルが一斉に再生を始めます。
「All」ボタンを押すと全ての音声を同時に聴けます。
「Mute」ボタンを押すと表示されている音声が聞こえなくなります。
再生開始位置は各音声の波形クリックで指定できます。

・立体音響化
今バージョンから「3D」というボタンになりました。
押せば立体音響化した音声が流れます。
立体音響化は表示されている音声のみとなります。音声を複数開いている場合、表示を別の音声に切り替えると、表示されている音声に立体音響処理が行われ、切り替え前に表示されていた音声はノーマル再生に戻ります。

・音声ミックス※かなり不安定です
mixdownmenu.jpg
メニューから「ミックスダウン」を選択すると、再生ボタンを押したときに聞こえる音がそのまま新しいトラックとして「MixDown」という名前でファイルリストに登録されます。All、Mute、Vol、Pan全て反映されます。
ただしミックスダウン時は立体音響化が全てのファイルに対し行われます。
なお、MixDownトラックは位置情報をいじくっても音は何も変わりません。立体度が0になっているためです。
このトラックは新たにミックスダウンを行うと上書きされてしまいますので、保存したい場合は「WAVオーディオの書き出し」で保存してください。

・WAV書き出し
表示されている音声のみ書き出されます。
今バージョンからVol、Pan設定も反映されます。
複数の音声をミックスして出力したいときは「ミックスダウン」を行ってMixDownトラックを「WAVオーディオの書き出し」保存してください。

基本的にすべての処理は表示されている音声が最優先されると覚えてください。

あと処理窓サイズを半分にしたので、素早い位置の動きもプチプチ切れず以前より滑らかに動くようになりました。


※CUIについて
検討します。別アプリとするかBienに付属させるかはちょっと考えます。

※48k化について
これはですね、HRTFが48kHzに対応しないと立体音響処理時にディストーションを起こして歪んだ音になってしまうので、ちょっと工夫が必要になります。しかし近い将来には何とかしたいと思います。

次はマイナーアップデートで処理をちょっと軽くしたいな、と考えています。
posted by Biensupport at 21:14| Comment(4) | リリース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

予定

長らく更新せず何をしていたかといえば休暇で遊んでいました。
すいません。

今後のバージョンアップで実装したい機能は
・マルチトラック編集
・表示精度向上
・フィルター周り強化
・GUIで3D操作

こんなところです、なんかだんだんオーサリング機能に軸足が移ってきた気がしますが、立体音響再現もまだ決して満足いくレベルではありません。ちょっとづつ色々いじくっていきます。
とりあえず次はマルチトラックっぽいものを試してみます。

ところでVST化ですが、恐らく立体音響化VSTはすでに存在するのではないかと、作者も見かけた覚えがあります。独自コーディングを行き過ぎて今からVSTの勉強をする気になれないので、すみませんが予定はありません。そんなに需要があるとも思えないので。
posted by Biensupport at 20:44| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。