※頻繁な音源移動を行うと試聴の際気分が悪くなる恐れがあります。使用時は健康に十分お気をつけ下さい。身体に異常を感じたときは速やかにBien使用を中止し、休憩時間を取って下さい。
同様の現象が作品を聴く方々にも起こり得ることに留意して下さい。



初めてこのサイトを訪れた方へ
音声ファイルの立体音響化支援ツールBien、
立体音響添い寝ボイス再生ツールSoinを配布しています。
Bienのおおまかな使い方、デモについてはこちらの記事を、
Soinのおおまかな使い方、デモについてはこちらの記事をご覧ください。


サポート掲示板始めました。ご質問、ご意見はこちらで。

2010年08月29日

Bien Ver.0.82(グライコ)

ストリーミングバッファサイズ調節
ネット放送で致命的な音質の低下があるようで、音声出力の遅延を最小に留める為にバッファをケチったのがあだになったので、これを手動で変えられるようにしました。
bien082stream.jpg
「バッファサイズ」のスライダーを右に動かすと、音質が安定しますが音が遅れます。バッファサイズ最大にすると一秒ほど遅れますが、これはヘッドホンで聴くとおしゃべりに致命的な支障をきたすほどの遅延です。
ご指摘いただいてからニコ生を少し見て回りましたが、音を聴かずに放送されている方も多いようで、自分の声を聴かないのであれば声が遅れてもそんなに弊害は生じません。ただ視聴者は画像と音のずれに少し違和感があるかもしれません。音がブチブチ切れない最小のバッファサイズを調節して探してみてください。

ニコ生やネトラジで立体音響配信を試みられる方は、放送がステレオであることを確認してください。立体音響化のためにはステレオが必須です。
放送が果たしてうまくいくのか作者自身もまだわかりません。試された方はどうか成否を教えてください。

グラフィックイコライザー
Bien初の元の波形を編集できる機能です。15バンドのグラフィックイコライザーを付けました。
geq.jpg
正直言って急ごしらえの感が否めません。精度があまりよろしくなく(特に低周波部)、処理も遅いですが、一応各周波数帯域をいじれます。立体音響化に役立つのか、ちょっとよくわかりませんが。範囲を選択していれば選択部分に、選択していなければ全体に反映されます。

※注意
イコライザーで音声を編集しても、元の音声ファイル(wavやmp3)は全く変わっていません。編集後にこの波形を閉じると、イコライザーによる変更はすべて消えてしまいます。イコライザー編集後の音声を保存したい場合は、wav書き出しを行ってください。(立体度を0にすれば位置情報が全く反映されない純粋な音声を保存できます。)

楽曲の立体音響化がより望まれているようで、自分的にはドラマ音声なんかに使ってくれないかと淡い期待を抱いていたものの今のところ総スルーで涙目ですが、需要がないものはしょうがありません。より望まれるほうへ機能を充実させたいと思いますのでご意見ご感想引き続きよろしくお願いします。
posted by Biensupport at 09:34| Comment(4) | リリース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

場しのぎ的質問回答

今まで別の事やってまして、すいませんがこれから新バージョンにとりかかるので公開はもうしばらくお待ち下さい。
その代わり、にはならないでしょうが、今まで受けたご質問にお答えします。

ツール名は何と読むの?
「びあん」または「びやん」と読んで欲しいですがどうでもいいです。

無料?
フリーソフトです。

いつまで無料?
ずっと無料です。売っても買わないでしょ。

どうやって立体音響化するの?
頭部伝達関数を使います。

何に使えるの?
例えば曲作りなら個々の楽器や声を立体音響化して空間的広がりや表現力を増したり、ドラマや映像との組み合わせなら効果音や人物の配置を変えて臨場感を増したりします。その他パンを振るかわりに使えば少し音が豊かになるかもしれません。
ネットラジオやネット放送で使えばリアルタイムにリスナーのそばで喋っているような効果を付けられて面白いと思います。

楽曲を立体音響化できる?
個々の楽器などを別の位置に配置しなおすことはできません。しかしパンにより片方のチャンネルだけに振られているような楽器は「CH分離」を使えばある程度は個別に立体音響化できそうです。演奏と歌声を分離するツールもあるようなので、それを使って分離した後、演奏だけ立体音響に、または歌声だけ立体音響にしてみるのも面白いかもしれません。こだわりたい方は左右別々に立体音響化し、別の効果(リバーブ、ディレイ、フェーズシフトなど)を加えて再ミックスしたりとか、色々試してみてください。

立体に聞こえないけど?
上にも書いた頭部伝達関数というやつですが、ある頭の形をシミュレートしたものです。当然人それぞれ体格も違うので、モデル化した頭の聞こえ方に合わない方もいらっしゃるでしょう。別の伝達関数ライブラリを.birという形で近い将来配布できたらいいなとも思うんですが、すみませんが期待せずにお待ちください。

音質が悪くなる、薄くなる、重くなるetc.
これも(ほぼ).bir依存です。本当は再現度の高い伝達関数を自分で作りたいんですが、時間と設備と技術がない(要するに何もない)ので、当分は各種フィルター効果、イコライザーなどで調整してもらうしかありません…。

これは立体音響じゃない、だいたい立体音響って何?etc.
以下は個人的意見です。
作者は音響屋さんではないので厳密には知りませんが、一応関係する分野で飯を食っているので、これをインチキ扱いされるのはちょっと不本意というか、まあ少なくとも伝達関数を測った人たちは残念がると思います。音源定位研究でも使われるれっきとした「実測」に基づくモデルなので、少なくともインチキではありません。
そもそも「立体音響」なる言葉は非常にあいまいで、作者個人としては「立体に聞こえれば立体音響」という考えですが、これは別に頭内定位であっても構わないのではないかと思います。つまり立体音響に本物もインチキもないんじゃないか、と。位置に関わらずベースとギターが離れて聞こえれば立体な気がするし、周りの空間的広がりを感じても立体に思えるでしょう。これはもうそれぞれの好みです。というわけで、音源定位移動を主目的としたBienが好みに合わない方もいらっしゃるでしょうが、方向性の違いという事でご理解ください。
posted by Biensupport at 08:15| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

ストリーミングに関する残念なお知らせ

Ver.080から実装されたストリーミング機能ですが、ご指摘によるとスカイプはどうやらモノラル音声しか送れないようで、ステレオ必須の立体音響化音声はスカイプを通じて聞くと何の変哲もない平らな音になってしまうそうです。要するにスカイプでは立体音響化できません

スカイプを使ったことのない作者にとってはこれは大きな落とし穴でした。立体音響通信を実現する(恐らく)世界でも稀有な機能だと思っていただけにガックリですが。自分でステレオ対応ネット電話アプリを作る気力も腕もなく、この方面への活用は諦めるしかありません。

ただ、ステレオ音声を送れる(であろう)ネットラジオやニコ生などのネット放送では立体音響ストリーミングが機能するようです。これも教えていただいた話で自分で確かめたわけではありませんが、理屈としては可能なはずなので試してみてください。

次のバージョンですが、読み込んだ音声の波形をいじれるようにしようかと思っています。少なくとも音の振幅を変えたり、イコライジングできたり、くらいの機能は近いうちに付けたいと思います。
立体音響化に特化したツールにそんなものがいるのか懐疑的でしたが、楽曲を立体的に云々のご質問があまりにも多いので、各周波数帯域の編集も何らかの形でできるようにすべきかと思うようになりました。立体音響とは直接関係ない機能ですが、立体音響だけだとこのツールもすぐ飽きられてしまうので。
posted by Biensupport at 23:09| Comment(0) | Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

Bien Ver.0.80(ストリーム出力)

※前バージョンからのバグ修正、音声編集機能にまつわる機能強化はありません。興味のない方はスキップしてください。


ストリーミング機能搭載です。
これを使えば遠く離れたあの子に隣で囁いてもらうことも可能、かもしれない

メニューバーの「再生」に「ストリーミング」という項目が追加されています。
bien080stream.jpg

選択するとダイアログボックスが現れます。入力音声をリアルタイムで立体音響化し、出力します。
マイク音声の場合は、マイクを入力設定し(録音コントロールでできると思いますが)、「ストリーミング開始」ボタンを押して、位置情報を変えながらしゃべるだけ、簡単です。ただし、立体音響化処理のため出力に若干の遅延が発生します。遅延時間は最長で0.1秒ほどです。もう一度ボタンを押せばストリーミングが停止します。リセットボタンは位置情報をリセットします。
最小減衰距離は3.0mに固定しました。

さて、これは擬似的にバイノーラル放送を可能にしようという意図で付けた機能です。これをネット放送ネット電話で使ってくれたらいいなと思っているわけですが、果たしてこれがネット上でちゃんと使えるのか作者は全然まったくわかりません。いちおう標準出力に立体音響化した音声がリアルタイムで送られますが、たとえば「どう設定すればネット電話で立体音響化した音声を相手に送れるのか」といった疑問には、知らないので答えられません。むしろこちらの方が知りたいので、もし試されたいという方、立体音響化ネット放送が現状で可能なのか教えていただけませんか。
posted by Biensupport at 04:05| Comment(2) | リリース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

ただの俺得動画ですが

1151717731337.jpg



こういうのをコソコソ作ってニヤニヤしたら現実逃避できて楽しいかな、というしょーもない鬱積したパワーがBienの源だったりします、本当のところは。
まあ最初に上げた動画のデモ見てもお分かりでしょう。

声の中の人には申し訳ない気分です
posted by Biensupport at 06:05| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。