※頻繁な音源移動を行うと試聴の際気分が悪くなる恐れがあります。使用時は健康に十分お気をつけ下さい。身体に異常を感じたときは速やかにBien使用を中止し、休憩時間を取って下さい。
同様の現象が作品を聴く方々にも起こり得ることに留意して下さい。



初めてこのサイトを訪れた方へ
音声ファイルの立体音響化支援ツールBien、
立体音響添い寝ボイス再生ツールSoinを配布しています。
Bienのおおまかな使い方、デモについてはこちらの記事を、
Soinのおおまかな使い方、デモについてはこちらの記事をご覧ください。


サポート掲示板始めました。ご質問、ご意見はこちらで。

2010年08月09日

Bien Ver.0.77(バリバリやめて)

※このひとつ前の記事(Bien Ver.0.75)も読んで下さい。


相変わらずVer.0.x0とVer.0.x5は安定しないBienですが、頻繁にダウンロードさせてしまい(そんな奇特な方がもしいらっしゃればですが)、どうも申し訳ありません。

さてVer.0.75の新機能で音を重ねたためにバリバリと音が歪むバグが発生し、これは聴くに堪えないので修正しました。歪みは大分なくなったと思いますが、読み込んだオリジナルの音声が元々大音量の場合は、まだ少し歪む恐れがあります。どうしてもバリバリが取れない場合は、読み込む音声の振幅を少し弱めてください。(最大振幅が-3dBに収まっていれば恐らくバリバリノイズは起きないでしょう。)
それから、一度CH分離を広げた後また0に戻すと妙な繰り返し音が鳴るバグがありましたが、これも修正しました。


バグ修正だけではつまらないので新たな機能を加えました。
※テンプレート機能
メニューバーに「テンプレート」という項目が追加されています。
読み込んだ音声の一部を選択すると、この項目が有効になります。「落下」「上昇」というテンプレートがデフォルトで用意されていますが、これらは選択範囲に「落下効果」「上昇効果」をつける位置情報です。「リセット」は選択範囲にあるポイントをすべて消去します。
Bienフォルダ内に新たに「template」というフォルダを増やしました。この中にある.btpファイル、これがテンプレートです。Bien起動時に読み込まれます。なお.btpという拡張子がついていますが、これはただのテキストファイルですので自由にカスタマイズできます自分でテンプレートを作ることもできます。作り方は、付属の「テキスト入力」マニュアルをご覧ください。
.btpファイルを作ってtemplateフォルダに置いておけば、次回Bien起動時にそれが読み込まれます(最大64個)。
ぜひご利用ください。
posted by Biensupport at 07:22| Comment(0) | リリース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

Bien Ver.0.75(機能強化)

音質向上を図ったBienアップデートです。
今バージョンアップが初めての大々的な音質にまつわる機能強化です。
bien075.jpg
・音源拡散、擬似サラウンド機能
・位置情報のテキスト入力

※音源拡散(ディフューズ)
ある一つの音はある一点から発せられるのが基本的アイデアですが、自然界では当然そのようなケースはまれです。「なんとなくこのあたり」という感じでぼやけたフィールドから音が聞こえて来るでしょう。
Bienは音源の位置をある特定の一点だけ定めることができますが、その場所にスピーカーを一個ドンと置いただけのような音の薄っぺらさを感じていました。

diffuse.jpg
というわけで、「なんかそのあたり」から聞こえるように、音を「音源拡散角度」という値で広げられるようにしました。デフォルトは0度ですが、これは前バージョンと変わらない音です(画像では青い■)。
音源拡散角度とは画像内の赤い部分の範囲です。赤い範囲内にある場所すべてから均等に音が鳴ります。
実際は拡散角度が30度を越えるあたりから音がモコモコし始めます。思ったような効果が得られず、はなはだ遺憾ですが、将来的にもう少し音質向上を目指します。

※チャンネル分離(擬似サラウンド)
前バージョンまでのBienは入力した音声を問答無用でモノラル化し、左右のチャンネル情報を殺して一点のみから音を発生させていました。
これはいくらなんでも乱暴なので、ステレオ情報を残したまま立体音響化できるようにしたのが「CH分離角度」、いわゆる擬似サラウンドです。

surround.jpg
青い■が指定された位置、緑の●がそれぞれのチャンネルです。二つのチャンネルが指定された位置を中心として別々に動きます。この二つのチャンネルの角度がCH分離角度です。両チャンネルが離れれば離れるほどサラウンド感が増します。
ただし、「ここから音が鳴ってる」という定位感は薄れます。チャンネルが180度も離れると、もはやパンとあまり変わらないような感じです。

どのような立体音響を望むのかは人それぞれですので、用法に見合った音を作ってください。

※位置情報のテキスト入力
今バージョンの目玉です。位置情報をテキストファイルにより指定できるようにしました。記述形式の説明やサンプルファイルは新バージョンのBienに添付してありますので、ご参照ください。
これらは位置情報のテンプレートとして利用できる芽も出てきました。テキスト入力についてご要望下さった方に感謝します。

※その他
早送りと巻き戻しの速度の違いですが、巻き戻しは再生に逆らっているので少し早めにしたというのがこの原因です。ファイルの最後へジャンプしたとき再生時間表示がおかしいバグは直しました。それから最終地点にいるときに再生ボタンをグレイアウトさせたらというご指摘ですが、再生ストップ時は常に再生ボタンが有効、という一貫性を保ちたいのでそのままでいきます。まあ好みの問題ですが。位置情報右端のポイントは確かに見にくいので少し左に引っ張り出しました。見やすくなっているといいのですが。

今回からマニュアルを付けました。Bir生成の説明マニュアルもサンプルファイルと一緒に付けました。各自ご参照ください。
posted by Biensupport at 09:38| Comment(2) | リリース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

ご意見ご要望に関するお答え(Ver.0.72)

いろいろフィードバックをいただけるのはとても励みになります。
新バージョンの挙動を教えていただいた方、ありがとうございます。

※細かいバグについて
ご指摘いただいた事項から逐次直していきます。
メニューバーを選択したときにちらつく現象ですが、再生中にメニューバーを開こうとすると起こります。こういう現象を起こすのは設計ミスと言わざるを得ませんが、現在のところ簡単に修正できる術が(作者の不慣れにより)ありません。申し訳ありませんがメニューバーを開く際は一度再生をストップして下さい。不本意ですが修正は先になると思います。

※使い方、各ボタンの機能など
ニコニコに動画を上げてからも新たな機能が追加されたりしているので、近いうちにマニュアルを作成すべきかもしれません。.bir生成についてもちゃんと例を挙げたほうがいいですね。
もう少し落ち着いたら作ろうと思いますが、それまでは過去の記事をご参照下さい。

立体度は何度かご質問受けましたのでここで説明します。
これは元の音声と立体音響化された音声を滑らかに切り替えるものです。デフォルトは立体度100(ウィンドウの一番上)、つまり完全に立体音響化した音声です。立体度0(ウィンドウの一番下)にすると完全に元の音声が流れます。立体度50は理屈的には半々ということになりますが、おそらく元の音声の方が強いと感じるでしょう。方位や高度ほど頻繁に切り替えないと思いますが、効果を色々試してみてください。

※「楽曲を立体的にしたい」「演奏をライブのようにしたい」等のご要望について
たくさんいただくんですが、正直言って作者もこういった方面へのBienの応用法がよくわからず、デモで曲を回しておいて言うのもなんですが方向性が違うようにも感じます。楽曲の音声全てが一斉に移動するので、考え込まれたオリジナルミックスのクオリティ以上にはならないかなとも思うんですが、ただ各パートのミキシングの段階でBienを使うのはかなり効果的でしょう。

公開以来、音質に関する部分を全くいじっていないので、そろそろちょっと考えます。

※マルチトラックについて
できれば非常に面白いのは確かですが、作者のPCが貧弱でまともに動きません。それにまだシングルトラックでやるべきことがありそうなので、すみませんがもう少しお待ち下さい。

※mp3出力について
ご要望が多ければ検討してみます。

引き続きよろしくお願いします。
posted by Biensupport at 03:36| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

Bien Ver.0.72(入力強化テスト)

入力まわりを強化しました。

自己満足版です。まだ改善の余地があるので使いたいという方だけお使いください。
こんなに小出しにアップデートするのは使われる方にとっては正直うっとおしいんじゃないかと思いますが、まだベータ段階ということでお許しください。
来週はじめまで遊びに行くので、もう形になった部分だけ上げてしまいます。


今回の追加機能は以下のとおりです。
・録音機能
・MP3入力対応
・波形ウィンドウからの再生、選択操作

MP3に関しては何人かの方からご要望いただきましたのでテストとしてつけました。表示やメモリ消費に改善の余地はありますが、一応普通のmp3なら開けるはずです。開くにはmp3ファイルをドラッグ&ドロップしてください。
(ドラッグ&ドロップとは、mp3ファイルをマウスで引っつかんでBienの開いている部分に放り込むことです)
ただし位置情報を残したままmp3ファイルを差し替えることはできません。この機能はwavのみです。

果たしてBienに望まれているのかよくわからないですが録音機能もつけました。44.1kHz、16ビットステレオ入力です。録音入力のための設定はWindowsのシステムに丸投げしていますので、録音入力設定につきましてはWindowsのデバイス設定なりをどこか他の場所でお探しください。正しく設定されていれば録音されます。録音停止後は定型のファイル名(年月日時を並べたもの)で自動的に保存されます。保存先はメニューバーから指定できます。
Windows Vista、7をお使いの方へ
XPではBienメニューバーから「録音コントロール」を開けますが、Vista、7では録音入力の設定法が異なるため、設定ウィンドウが開くかまったくわかりません。これらのOSを走らせる環境がないのでテストができず、一応設定ウィンドウが出るように設定したはずですが、確信はもてません。Vista、7をお使いの方で、もしご協力いただけるなら、メニューバーの「録音コントロールを開く」でどのような挙動をするか教えていただけませんか。

その他、以前もご提案いただきましたが、波形ウィンドウをクリック、ドラッグすることによって再生時間を移動させたり選択できるようにしました。ただし音声自体は何もいじることができません。しかしこのツールにDAWとしての機能はどこまで求められているんでしょうかね…。

教えてくださっている動画は全部観ています。ありがとうございます。特にミキサーの方に使っていただけるのはすごく嬉しいです。
posted by Biensupport at 08:48| Comment(8) | リリース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

Bien Ver.0.70(機能強化) + 0.70a(バグ修正)

かなり色々強化したVer.0.70です。

・第四のパラメータ「立体度」導入
・Vol、Pan微調整、リセットボタン追加
・編集中のwavファイル、位置情報の差し替えが可能に
・その他バグ修正

※インターフェースについて
Vol、Panは微調整したいというご要望がありましたのでボタンを追加してみましたが、デザイン的には正直いかがなものかという感じです。まあ機能的には少しだけ使いやすくなったのではと思います。
それからレベルメーターのデザインを今バージョンから変えてみました。これは某アニメのOPを見ていてピコーンときたもので、見にくいならば戻しますが、自分的にはいいんじゃないかと思います。
インターフェースについては色々試験的にやってみたいと思っています。本来、立体音響の技術自体はまったく目新しいものではないのですが、その操作を簡単にするべく考えた結果がBienですので、インターフェース部分を褒めて頂けると作者は非常に喜びます。

※新たな機能について
今バージョンの目玉機能、役に立つのか正直作者にもよくわからない第四のパラメータ「立体度」を追加しました。

※追記
よく考えたらwavファイル出力時の立体度反映を忘れていました。wavファイルに書き出しても立体度は反映されません(リアルタイムで視聴、立体度情報の保存はできます)。近日中に修正バージョンをアップします。お手数おかけして申し訳ありません。

Ver.0.70aにて修正しました。現在は直っています。お騒がせしました。


これは立体音響化した音声と元の音声をスムーズに切り替えるもので、0から100パーセントの間で操作します。立体度100パーセントは完全に立体音響化した音声、0パーセントは完全に元の音声です。一部だけ立体音響化した音声を使いたい時などに便利ではないかと思います。
そして、恐らくもっと役に立つ機能、位置情報を残したまま音声を差し替える機能、逆に音声を残したまま位置情報を差し替える機能を追加しました。
位置情報と音声ファイルの長さが違う場合、余分な長さの位置情報は削られるか、もしくは足りない長さ分の位置情報は追加されます。

※バグ修復について
ドラッグ&ドロップで制御不能にならないように、再生中であれば強制的に停止するようにしました。コントロールキーを押している際のおかしな挙動も直しました。その他色々バグ取りをして安定性は向上しましたが、新たな機能追加により新たなバグも生まれたかもしれません…。
既知の問題として、音声を読み込んでも再生をしないことがあるバグを確認しました。コピペ周りの挙動は未だに安定しません。次のバージョンは恐らくバグ取りがメインです。

ご意見ご感想お待ちしております。
posted by Biensupport at 11:39| Comment(0) | リリース情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。